新企画展 ハイウェイの沿線遺跡群 〜阿久・大石・居沢尾根の土器たち〜

ハイウェイの沿線遺跡群 〜阿久・大石・居沢尾根の土器たち〜
前期 平成26年12/13(土)〜平成27年2/1(日)
後期 平成27年2/7(土)〜3/29(日)
※前期と後期の間で展示品を入れ替えます
原村の土器展
1957(昭和32)年に公布された国土開発縦貫自動車道建設法によって、中央自動車道西宮線が長野県内を約122kmにも渡って縦断することとなりました。この建設予定地に含まれる埋蔵文化財包蔵地は195にものぼりました。
原村ではとくに阿久遺跡、居沢尾根遺跡、大石遺跡の3つの大規模遺跡が中央道建設予定地にかかり、1975(昭和50)年から翌年にかけて長野県教育委員会によって緊急発掘調査が進められました。特に阿久遺跡では、立石と列石を中心とした環状集石群と呼ばれる祭祀場の跡が姿を見せ、大変貴重な遺構だったことから保存運動が展開され、埋め戻し保存をした上に中央道が建設されることとなりました。このため阿久遺跡は国史跡の中でも中央道が上を走るという他に例を見ない史跡となっています。 
これらの遺跡から出土した埋蔵文化財は2012(平成24)年、出土した各地域で展示活用するために、長野県から各市町村へと移管されました。これを記念して、晴れて原村の文化財となった土器を皆様にお披露目し、当時の発掘作業の様子とあわせて初めてご紹介します。阿久、大石、居沢尾根の3つの遺跡出土品によって、縄文時代前期から中期にかけての様々な時代の土器の造形の変遷をお楽しみいただけます。

講演会、勾玉作り、切り絵(縄文風景、土器)、ブローチ・マグネットペーパーウェイトづくりなど展覧会に関わるイベント各種詳細については続きをご覧ください。


12月13日〜12月226日は美術館エントランス付近にてクリスマスギャラリー&フェアも開催しています。

 
続きを読む >>

小田隆 古生物復元画の世界展

6/21から開催の新しい企画展のご案内です。 小田隆 古生物復元画展

小田隆 古生物復元画の世界展

平成26年6月21日(土)〜9月7日(日)会期中無休

主催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会
協力:豊橋市自然史博物館

期間中のイベントなど詳しい情報はこちら

星景写真展スタートしました★

いよいよ新企画展「宮坂雅博・小松由利江 星景写真展〜Starlight Memorys’in 星降る里〜」がはじまりました。(6月15日まで)

星空と地上の風景とをひとつの画面に収めた、星空のある風景写真「星景写真」。(画像をクリックすると大きくなります)

本展では白駒の池、まるやち湖など諏訪地方や阿智村など長野県内の各所で撮影された星景写真を中心に、約60点を展示。
四季折々の美しい自然と星空とが織りなす幻想的な星景写真の世界をご堪能ください。


取材に対応する宮坂さん(右)、小松さん(左)

イベントなど詳細はこちらをご覧ください。

新企画展「宮坂雅博・小松由利江 星景写真展〜Starlight Memorys’in 星降る里〜」開催のお知らせ

宮坂雅博・小松由利江 星景写真展〜Starlight Memorys’in 星降る里〜

平成26年4月5日(土)〜6月15日(日)会期中無休

主催:八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)、原村、原村教育委員会
協賛:ファナックパートロニクス株式会社、スワテック建設株式会社
協力:写真のはる

星空と地上の風景とをひとつの画面に収めた、星空のある風景写真「星景写真」。星景写真家・宮坂雅博と小松由利江の2人は、独自に編み出した撮影技法によって、通常目にすることのできない自然風景と星空との美しいコラボレーションを写真におさめ、その幻想的な作風で世界的にも高く評価されています。本展では白駒の池、まるやち湖など諏訪地方や阿智村など長野県内の各所で撮影された星景写真を中心に、ユネスコ世界遺産登録が期待される富岡製糸場や、沖縄等で撮影された作品を加え約60点を一堂に展示。英国王立グリニッジ天文台の天体写真コンテストなど、世界的なコンテストで受賞した数々の作品もご覧いただけます。四季折々の美しい自然と星空とが織りなす幻想的な星景写真の世界をご堪能ください。

【関 連 イ ベ ン ト】

■レクチャー・トーク
4月13日(日)、5月4日(日)各日とも13:30〜
星景写真の撮影技法についてや撮影秘話などを映像とスライドショーを交えてお話しします。
出 演:宮坂雅博・小松由利江
参加費:無料(要入館料)


■スターライト・ファンタジー in プラネタリウム
6月14日(土)17:00開場 17:30開演 
星景写真をプラネタリウムの大画面で鑑賞しながら作家のトークを聞きます。
出 演:宮坂雅博・小松由利江
参加費:八ヶ岳美術館入館券とセットで700円 
会 場:八ヶ岳自然文化園
※要予約。事前に八ヶ岳美術館にてセット券をお求めください。


■講座「デジタルカメラのきれいな撮り方」
4月26日(土)、5月22日(木)13:30〜15:00
ご自宅のデジタルカメラできれいな写真を撮るコツを教わります。
講 師:塩原晴彦(写真のはる代表)、小松由利江
受講料:1,000円(入館料含む)


参加お申込み・お問い合わせ
八ヶ岳美術館(0266-74-2701)

※上記イベント以外にも両作家の在館日を逐次設けます。
※美術館ブログやFacebook,Twitterにてご確認ください。


作家プロフィールは続きをどうぞ!
続きを読む >>

こんにちは!アーティスト#3 美術館に小学生がやってきました

「こんにちは!アーティスト#3」授業の2週目です。今日は八ヶ岳美術館に原小学校3年生のみなさんが来てくれました。

先週の授業で題名をつけた小川さん作品と対面してみんな嬉しそう。そして出迎えたチラシにもなっている大作≪ダナエ=エナダ≫に「大きい!」「すっげー!」と感激する児童たち。



今回はこの≪ダナエ=エナダ≫に題名をつけてみました。対話しながら気が付いたことを挙げてもらうと、「つららみたい・氷みたいなのが落ちている/昇ってるみたい」「上は明るくて下は暗い」「うしろが骨みたい」「水の中みたい」などなど。途中で「上半分は下から見上げて、下半分は上から見ているみたいに見える」という意見が出て、この作品に存在する二つのパースに気が付きました。

対話の後にみんながつけてくれた題名は…

「天国と地獄をつなぐ穴」

「ウォーターダイヤモンド」
「にじいろのガラス」
「つららが降ってきた井戸」
「ときめいている海の中」
「ふしぎなメロディー」

などなど、どれも絵を見てどんなことを思ったのかがとてもよく伝わる素敵な題名になりました。




後半は美術館の中に展示してあるすべての作品から、自分で一つ気に入ったものを見つけて、それに自分なりの題名をつけてもらいました。

美術館に入るのが初めての子もたくさんいて、みんな展示品に興味津々。企画展示室だけでなく常設展示室で彫刻、土器や石器など原村の大切な財産を見てもらい、面白いものをたくさん見つけていました。




最後にみんなが何にどんな題名をつけたのか、館内を回りながらひとりずつ発表してもらい、授業は終了。とても楽しい鑑賞の時間になりました。子供たちの感想が楽しみです。


今回の授業は小川格さんからの「題名をつける」という提案をもとに、対話型鑑賞を加えた形になりました。

「これなんだろう?と、わからないものが出てきたら、自分なりに題名を付けてみるといいよ。何かが少し分かるかもしれない」という小川さんの言葉通り、題名をつけるという行為は目の前のものをよく見て、観察し、考えて、自分なりの考えをまとめるという、理解のためのプロセスがぎゅっと詰まった行為です。
今回の授業を通して、そのプロセスとともに、お友達の考えを聴いて共感したり、一緒に想像する力が育つといいなと思っています。
2週に渡ってファシリテーターをつとめてくださった小川さん、ありがとうございました!


続きを読む >>