不思議な不思議なバードコールで鳥とおしゃべりしよっ♪

8月に入り、八ヶ岳美術館では片田好美水彩画展を開催中です。

野鳥や植物たちが繊細に時にはダイナミックに描かれた絵たちに囲まれ美術館の中は

さながら奥深い森の中のよう…。

 

そんな野鳥たちをもっと身近に感じてもらいたい!と美術館では土日祝日バードコール作りを開催しています。

 

バードコールとは?

木のキューブに穴をあけキューブを回すと…あら不思議かわいいらしい鳥の鳴き声がするんです。

 

「鳥さんと追いかけっこするの!」

と本日バードコールに参加してくれたかわいらしいお客様たち。

 

 

一生懸命バードコール作りに取り組んでくれました。

 

満面の笑顔で…

ハイチーズ!鳥さんと追いかけごっこできるといいね♪

 

バードコール作り

開催期間:会期中の土日祝日

時間:10:00〜15:00まで受付

料金:500円(入館料別途)

 

夏休みの自由研究に、おみやげに、プレゼントに、登山のお供に…

あなたもぜひバードコール作りに挑戦してみませんか?

夏休みは美術館であそぼ!

いよいよ夏本番!

 

セミの鳴き声とともに暑ーい夏がやってきました。わくわくの夏休みもスタートですね!

みなさんは今年の夏どこに遊びに行くのでしょうか?海?山?遊園地?

暑いときに体を動かすのもいいですが、美術館で頭の体操もいかがでしょう?

 

今、県内外の小中学生みなさんに信州の歴史、文化、アートをもっと楽しんでもらおうというイベントがあり、

開催期間の7月15日〜8月31日までは小中のみなさんなんと無料で参加館のアートを楽しめちゃうんです。

 

八ヶ岳美術館も参加しています!

 

このイベントは2度美味しいんです。

 

まず美術館にきたらクイズを用意していますので、参加しましょう!中をぐるりとまわると答えが見つかります。

正解者には…

こんなにかわいいシールをプレゼント!

 

さらに三館分のスタンプを集めるとオリジナル缶バッジをプレゼント!どんなものか気になります?

それは集めた人だけのお楽しみ♪

 

夏休みの自由研究にお困りのアナタ!もしくは夏の終わりに子どもの宿題の手伝いでてんてこ舞いになりそうだという

お父さん、お母さん!美術館で今年の自由研究はアート研究で決まり!?ですね(笑)

森の工作教室も受け付けてますのでぜひトライしてみてください。

鳥から垣間見えた「自然」のすがた

「パラレル・ネイチャー 自然から学ぶ4ヵ月」の最後の講演会となりました。

今日は日本野鳥の会諏訪支部長の林正敏さんによる「諏訪の野鳥おもしろ生態学」です。

 

 

八ヶ岳美術館 企画展 パラレル・ネイチャー 林正敏氏講演会

 

たくさんの方にお越しいただきました。

 

諏訪湖に飛来するハクチョウがどんな旅をしてきているのかや、わが子を守るための行動が特徴的な「焼野のキギス、夜のツル」のお話、カラスの子は7つでは多すぎる(多くて4つ)などなど、興味深いお話が次から次へと。

 

中でも大変興味深かったのが、鳥にみられる「ヘルパー行動」というものです。親鳥が雛にエサを与えるのが普通ですが、親でも何でもない個体がエサをやることがあるというのです。

 

 

八ヶ岳美術館 企画展 パラレル・ネイチャー 林正敏氏講演会 スズメがシジュウカラの雛にエサを与える


これはスズメがシジュウカラにエサをやっているケースですが、巣立ったばかりの雛はスズメからエサを受け取ろうとしません。「よく見たら親じゃない?おかしいな??」と、巣から出たことで気付いたのでしょうか。

続きを読む >>

いよいよ夏到来でクワガタも来館!?

ここ数日、天気の良い日は、標高1350メートルの美術館でも、だいぶ暑さを感じるようになりました。

 

そんな中、(昨日)朝館内にいたのは3センチくらいのクワガタ。

 

朝館内オープン時にカーテンにとまっていて、びっくりしました・・・。

 

カーテンを揺らしたら、カーペットに落ちてひっくり返ったのですが、しばらく死んだふりをしていました。

敵だと思ったのでしょうか。

 

外に出してあげたところで、写真を撮りました。

夏ですね。

 

ひっくり返っていたとき、どうも足の付け根やお腹のあたりが赤っぽいなと思い調べたら、

アカアシクワガタという種類があるそうです。

(続きに足の付け根をアップしますので、見たいかただけクリックを)

主に標高1,000m付近のブナ林に生息しているという事で…きっとそうなのではないかと思います。

 

蜘蛛の巣をかぶってしまったようですが、元気にしていました。

もう迷い込んでこないようにね。

 

今日も天気がよく、窓の外では外を飛んでいた二羽のシジュウカラが地面に降り、

そろって、羽を広げてぺたっとうつぶせになっていました。(つぶれたような姿)

それはどうやら体の熱を逃がす行動の様子!野鳥たちも暑いようです(羽毛ありますしね)

 

暑い日が続きますが、みなさま体調にお気をつけておすごしください!

 

 

続きは、クワガタの足アップ写真なので、ご注意を!

続きを読む >>

「ぐるぐる八ヶ岳縄文時代の渦巻き文様」開催のお知らせ

八ヶ岳美術館では、7月8日(土)〜11月26日(日)まで、

八ヶ岳定住自立圏共生ビジョン資料館連携事業三館共同企画展「ぐるぐる八ヶ岳縄文時代の渦巻き文様」

を開催しております。(三館…八ヶ岳美術館・井戸尻考古館北杜市考古資料館


いまから5千年ほど昔、八ヶ岳の西南麓に花開いた縄文文化の遺産。
そのなかから、各館ごとにテーマを決めて展示するものです。
縄文時代前期から晩期まで、地域・時期ごとに個性豊かな「ぐるぐる模様」を紹介いたします。

 
【開催期間】

平成29年7月8日(土)〜11月26日(日)

 

【八ヶ岳美術館の開館時間、観覧料】

・開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
・休館日 定休日なし (展示替えの為の臨時休館…7/31〜8/2、10/2〜10/6は休館となります)

・観覧料 入館料でご覧いただけます  高校生以上510円(460円)、小中学生250円(200円)

    ※()内は20名以上の団体料金

 

 

 

八ヶ岳美術館の展示場は、土器展示室の一角です。看板が目印。

村内各所の遺跡より出土した、渦巻き模様がついた土器、土器片がいっぱいです。

 

渦巻き模様は時計回りと、反時計回りのどちらが多いのか?

その調査結果が発表されています。

 

 

会期中のイベント、3館を巡るバスツアーと景品のもらえるスタンプラリーについては続きをご覧ください。

 

 

続きを読む >>