マメザクラが咲いた&キビタキがいました

散策路では、マメザクラが開花。

ヤマザクラはまだ先になりそうです。

 

豆桜、の名の通り、低木で、花も小さく、下を向いて咲くのが特徴です。

ミヤマウグイスカグラも見頃です。

今日はキビタキにも出会いました。

背中とのど元の黄色が鮮やかでした。

茶色いっぽいメスも一緒のようでした。

 

野鳥はシジュウカラ、エナガなどを見かけ、ウグイスの声も聞こえます。

 

足元にはスミレやクサボケ、オニゼンマイも出てきています。

外の散策も楽しい季節、ぜひお出かけください。

 

 

ダンコウバイが見頃です。

4月10日までは雪も降りましたが、さすがに暖かくなり、

散策路ではダンコウバイが今年も見ごろをむかえています。

諏訪湖周辺はサクラが満開ですが、標高1350メートルにある八ヶ岳美術館

散策路では、山桜ということもあり、開花はまだ先です。

ダンコウバイは黄緑色の小さな花がたくさん集まっていて、青空によく映えます。

お出かけの際は、春ならではの景色もお楽しみください。

 

 

企画展「間島秀徳 アース・ダイビング−Earth Diving−」開催中!

八ヶ岳美術館では、本日より6月30日まで新企画展、

「間島秀徳 アース・ダイビング−Earth Diving−」を開催しております。

 

展覧会詳細はこちら

 

会場中に広がる、壮大な水景―青色系の色味の世界に、ひきこまれていく感覚。

タイトル通り、地球に潜っていくかのような感覚をお楽しみいただけます。

 

こちらは作品を前にした間島先生。 

会期中のイベントについては続きをご覧ください。

 

続きを読む >>

展示替え休館のお知らせと、新企画展開催のお知らせ

八ヶ岳美術館では、

 

3月31日(日)まで、「山本俊男 ペザントアートの世界」を開催し、

 

4月1日(月)〜5日(金)までは、展示替えによる臨時休館となります。

 

次回企画展は、

 

4月6日(土)〜6月30日(日)まで、

「間島秀徳 アース・ダイビング−Earth Diving−」を開催します。

お楽しみに。

 

「8の字スプーンをつくろう」が行われました。

3月9日に、現在開催中の「山本俊男 ペザントアートの世界」のワークショップ「8の字スプーンをつくろう」が行われました。

 

山本先生に用意していただいた荒削りのスプーンを、自分のオリジナルになるように削っていきます。

素材は桐の木。

 

黙々と彫りの作業を進める参加者の皆さん。

 

山本先生が参加者の方ひとりひとりにアドバイスをしていきます。

 

参加者の皆さんが彫られたスプーンは、山本先生の工房に持ち帰られ仕上げをしていただくことになりました。

できあがりが楽しみですね!