大好評の胡弓コンサート

おてんき八ヶ岳美術館25周年記念として、7月23日(土)夜七時から「王霄峰 胡弓コンサートが行われました。
約60名という大勢のお客様にお集まりいただき、夏の夜に大変美しい音色が響きましたラブ
                  王さん

当日会場には「布や はなづと」さんによる、中国冷茶のティスティングも用意されました。お祭りの屋台のようなセットに、かわいらしい小道具が展示・販売され、ナイトミュージアムと同時にお客様の目を楽しませていました見る
お土産として持ち帰ることのできるグラスでの試飲も好評で、金萓茶や桂花烏龍茶(計五種類)の爽やかでほのかに甘い冷茶が、ほてった体に心地よいものでした。
                  ティスティング会場

詳しい様子は「続きを読む」をクリックパソコン
続きを読む >>

バリアフリー化のお知らせ

日差しが強く、暑い日が続きますね晴れ
日中の気温も高くなりましたが、美術館の散策路はほどよい木陰。とても気持ちがいいものですジョギング
 歩きながら鳥のさえずりや虫の声を聞いたり聞き耳を立てる草花に目を向けてみたりよつばのクローバーと楽しみもいっぱいです

さて先日、身障者用の駐車場及び、身障者用駐車場から建物玄関の間も舗装いたしました。これで館内及び館外のバリアフリー化はすべて終了ということになります。車椅子や杖をご使用の方にもご利用いただきやすくなりました自動車
                          ★彡

野外彫刻展

 今度、八ヶ岳美術館の散策路に新しい楽しみが増えたことをお知らせいたします。

 《緑の森の中の野外彫刻展―森と大地の記憶―》 

   柔らかな林間の陽の光の中、白い大理石の彫刻と

  白い御影石の彫刻が、緑の草の絨毯の中に横たわり、立ち

      心地よい緊張感を森の空間に醸しだします

        (山本明良・冨田憲ニ)

生命記憶-実-    海へ

彫刻にゆかりある当館で、野外での企画展示は初の試み。夏の空気を感じながら、どうぞご覧下さい!                    ★彡




続きを読む >>

クラフティア杜の市

クラフティア杜の市 ミュージアムグッズ大賞が決定しました!

6月4日、5日、駒ヶ根高原の大自然に囲まれた最高の環境のもと、クラフティア杜の市が開催されました。今回、「ミュージアムグッズ大賞」と題した協賛企画を実施し、八ヶ岳美術館が参画いたしました。特別審査員には、大分県立芸術文化短期大学学長の利光功先生、長野県信濃美術館副館長の小林明さんをお迎えしました。 今年の杜の市には、様々なジャンルのクラフト作家が総勢271名集いました。審査員ひとりひとりが全ブースに足を運び、作家との対話を深めながらじっくり審査しました。
 結果は下記のとおりです。受賞者には、八ヶ岳美術館での作品販売権の他、次回杜の市への優先参加権が授与されました。また1等から3等の方へは賞状と賞金が授与されました。

「続きを読む」をクリックパソコン
続きを読む >>

原村文化講演会に参加しました♪

 平成17年度原村文化講演会
       ―縄文時代のイメージを変える原村の土器―
    比丘尼原遺跡の土器から甦る縄文の文化とロマンを訪ねて

 六月四日に、原村中央公民館において上記イベントが開催されました。私はこの日、司会を務めさせていただきました。ご来場の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました嬉しい

会場の様子


 講演会の始まる前から会場は大盛況。東京などの遠方から来られた方もたくさんいたようです。
「原村の古代ロマンを探る実行委員会」会長挨拶、村長のメッセージ、教育長挨拶、プロジェクターでの原村の遺跡紹介と次第は進み、苅谷俊介さん(俳優・日本考学協会員)と武藤雄六さん(元井戸尻考古館館長・日本考古学協会員)のお話で、会場は最高にヒートアップしました。

左・刈谷さん 右・武藤さん


(休憩時間に用意されたどんぐりクッキーも皆様に好評でした)モグモグ               ★彡
続きを読む >>