5月13日の八ケ岳

5月13日
 「今日、八ヶ岳に雪がかかっている」との情報が入り、雨があがりの午後、撮影に出かけました。
 この二、三日気温が低かったからか、車窓から見える八ヶ岳の上半分は真っ白です。
 美術館前の道を下り、臥竜遺跡付近に到着。
ようやく桜が散りはじめ、たんぽぽの咲き乱れる道路脇から雪山の撮影をしました★まだ雲がたくさん出ていたので,青空の下の八ヶ岳・・・というようにはいきませんでした。

ゆ・雪が!


 田んぼの畦の草の緑とたんぽぽの黄色、そして山の青、雪の白がとても綺麗でした(写真は主に山だけなのですが)。
 帰りの上り道でも正面の八ヶ岳の美しさに見惚れるほどでした。
 五月も半ばですが、今日は雪景色を楽しむことができました♪また、美術館の屋外散策路にはスミレもたくさん咲いています。暖かい日に、皆さんでお出かけください。                          ★彡

「あらま!土鈴・土笛」登場★

当館所蔵の顔面付釣手土器。縄文時代の呪術・祭祀において、ランプとして使われていたようです。土器のその表情は、目が釣りあがり、口はいわゆるおちょぼ口で、鼻は上向き鼻豚なんともいえないあどけなさを持っています。これは八ヶ岳山麓の、縄文時代中期の土偶に特有の顔とされています。
この顔をモチーフに、『ねんど体験工房 どろんこ』の方々が原村オリジナルの土鈴(どれい)と土笛を制作してくださいました。どうもありがとうございます嬉しい

野焼き調に素焼きされた作品は、あどけない土器の表情を「あらま!」という驚きの表情にアレンジした楽しい作品になっていますびっくり

♪♪♪♪♪



写真左が土鈴、右が土笛です。どちらもいい音がしますよ〜♪♪
 ミュージアムショップでみなさんを待っていますので、ぜひ手にとってみてくださいね!                ★彡

ワークショップ

企画展作家佐々木律子さんによる「ワークショップ」大好評でしたおてんき
5月4日(水)午後1時から企画展作家佐々木律子さんによるワークショップが開催されました。

参加募集開始からお申し込みも殺到しておりましたが、この日を待ちわびた県内外十数名の方が参加され、楽しいイベントとなりました。皆様ありがとうございます!
佐々木さんが事前に染められた色とりどりの麻布や作品の切れ端をコラージュし、それぞれが素敵なレリーフを作られました。

佐々木さん作 佐々木さん作2

詳しくは「続きを読む」をクリックパソコン

甲信越人気ランキング
1日1回クリックご協力ください
ランキングを見る

続きを読む >>

思い出の森づくり

5月1日(日)13:00から植樹祭「思い出の森づくり」を開催致しました。総勢約80名の方がご参加下さり、盛大なイベントになりました。ありがとうございました。
 
オープニングセレモニーには、原村村長、教育委員長、諏訪森林組合課長の小池さんもお越し下さいました。また、お祝いに駆けつけてくださった原村木やり保存会の方が木やりを披露してくださり、大盛況でした。心より御礼申し上げます。

おねがいだー!


参加者は、皆様、ご出産や、ご結婚、お誕生日や入学祝など、
実に様々な記念でご参加下さっていました。中には、「特に記念ではないけれども、いつになってもこの木の前に、離れ離れに暮らしている家族が集まれればいいなあと思って」とお話しされる方もいらっしゃいました。

また来てくださいね☆



植樹される方、皆様が笑顔で、見ている私も幸せな気持ちになりました。人それぞれの思いとともに、苗木がすくすくと成長しますように! 

甲信越人気ランキング
1日1回クリックご協力ください
ランキングを見る


                                   T