原村文化講演会に参加しました♪

 平成17年度原村文化講演会
       ―縄文時代のイメージを変える原村の土器―
    比丘尼原遺跡の土器から甦る縄文の文化とロマンを訪ねて

 六月四日に、原村中央公民館において上記イベントが開催されました。私はこの日、司会を務めさせていただきました。ご来場の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました嬉しい

会場の様子


 講演会の始まる前から会場は大盛況。東京などの遠方から来られた方もたくさんいたようです。
「原村の古代ロマンを探る実行委員会」会長挨拶、村長のメッセージ、教育長挨拶、プロジェクターでの原村の遺跡紹介と次第は進み、苅谷俊介さん(俳優・日本考学協会員)と武藤雄六さん(元井戸尻考古館館長・日本考古学協会員)のお話で、会場は最高にヒートアップしました。

左・刈谷さん 右・武藤さん


(休憩時間に用意されたどんぐりクッキーも皆様に好評でした)モグモグ               ★彡
お二方のお話は笑いあり納得あり、ロマンあり不思議あり・・・大変興味深いものでした。講演後、皆様それぞれに考古に対する新しい発見や興味が湧いたことでしょう。私もお話にすっかり引きずり込まれ、時が立つのも忘れるほどでした。素晴らしい講演を本当にありがとうござました〜おはな

まるで五千年の時を越えて縄文人と見つめ会えた気がする一日でした。             ★彡
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL