原中生と宝石石鹸づくり

原中学校の美術部、科学部の合同部活動に出張講座として、

宝石石鹸(サボンジェム)作りを行ってきました。

先日原小学校図工クラブでも行いましたが、その様子はインスタにアップしてあります。

 

インスタはこちらhttps://www.instagram.com/yatsugatake_museum/

 

細かく切った透明のグリセリンソープを溶かして色をつけ、

固まったら切り、石けんの中にいれる飾りを作ります。

食紅は少量で色がつくので、たけぐしでチョンっとするくらいできれいな色がつきます。

みんな真剣に好きな色を作っています。

 

固まった物はカッターで好きな大きさにカットし、

好きなカップに入れ、そこに溶かした透明のグリセリンソープを注ぎ、固めます。

こちらは上に緑色をつけたソープも注いでいます。

どんなふうになるでしょうか。

 

カットするとほら!宝石がたくさんできます。

カットしたことにより、思ってもいない色が顔を見せたりします。

先程のカップからこんな素敵な作品が!

 

いくつか作った中には、レモンの香水をシュッとして爽やかな香りを付けました。

 

もったいなくて使えない、などの声もありましたが、ぜひ使ってみてくださいね。

(普通に石けんとして泡立ちます)

 

その他の写真は続きで

早くかたまるよう冷やしています。

友達と交換して、色んなカラーをつくりました。

カップの中には適当に入れても結構きれいにできます。

どうなるでしょうか?

固まって取り出しました。ゼリーみたいです。

こちらも和菓子みたいです。切るのももったいない気がしてしまいそうな・・・

 

こちらはカットしたもの。

端の緑や黄色が効いていますね。

レジンやお菓子作りのシリコン型のほか、おかずのカップや、豆腐のカップを型にすることもできます。

 

グリセリンソープは、50gをレンジで30秒くらいチンすると溶けます。

(溶かす容器はレンジ対応のものにしてください)

 

宝石石鹸、ぜひ作ってみてください。

 

原中生のみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL