ブロンズ除幕式が行われました

今年も八ヶ岳美術館屋外の、学童彫刻の森に、新しいブロンズが建ちました。

 

原中学校3年生の卒業制作として、開館(昭和55年)当初から続けられて

伝統行事で、今年で39体目。

3年生全員と、村長をはじめとした来賓の皆さまががそろい、

学習発表を館内で行ったあと、

外で除幕式。

ブロンズ委員会を中心にすすめてきた像が、ついに披露されます!

 

タイトルは「扉」

扉にみたてた本のページから、上を向いて立ち上がる花が印象的です。

 

3年生のみなさんも、今後ずっと上を目指して、花開いていけるよう、

お祈りしています。

 

良いことがあったとき、何かに行き詰ったときや、思い出を語るとき、

将来家族が増えた時など、ぜひこのブロンズのもとに訪れてくださいね!

 

ご卒業おめでとうございます!

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL