地元の小学生が機織り体験をしました。

昨日、開催中の裂織の企画展にあわせて、

地元の小学生が、八ヶ岳美術館へ裂織体験授業にやってきてくれました。

 

はじめに八ツ手機織り保存会の行田さん、秋山さんから、お話を聞きました。

 

かつては原村のそこら中の家で機織りがされていましたが、現在では

ほとんどそういう家もなくなってきました。

 

昔は着るものも自分で織ってつくっていたけれど、

必要で織る時代ではなくなったので、今は好きに織ってます、と講師の行田さん。

 

こちらは4〜50年前のこたつがけ。

暖かみある色合いで、一生懸命織られた姿が伝わります。

 

擦り切れるまで着た着物をとっておいて、裂いて糸にして、織り、

丈夫な裂織は、原村ではこたつ掛けやはんてんにしました。

 

秋山さんはお嫁入りする際、お母さんが裂織のこたつ掛けとはんてんを持たせてくれ、

とても大事にしているそうです。

 

手づくりで、世界にひとつの、裂織。

 

ものを大事にする心は、親から子、孫へと伝わっていきます。

 

 

後半は、

持ち寄ったいらない布などを、自分で裂いて糸にしたもの等を使い、

信州さきおりの会の野中さんご夫妻、池田さん、伊東さんのご指導により、

全員で少しずつ織って一枚の布を織りました。

むずかしかったけど、たのしかった、またやりたい、などの声がたくさん。

とてもすてき!

自分で織ったところもわかって、いいですね。

 

原村の伝統文化を楽しく学び、こどもたちの顔はきらきら輝いていました。

 

 

講師の皆さん、小学校のみなさん、ありがとうございました。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL