春の植物続々と

雨で山桜が散ってしまった散策路ですが・・・

蝦夷蛇苺(エゾヘビイチゴ)の花がいくつか咲いていました。

緑の葉に白い花が映えます。花の後に小指の先ほどの真っ赤な苺がつきます。

 

スミレは種類が多く、見分けが難しいのですが…濃いめの紫がきれいです。

低木の姫林檎です。紅い蕾から白い花が。見頃はもうちょっと、といったところ。

見上げると上溝桜(ウワミズザクラ)も花を咲かせ始めました。

 

紅花一薬草(ベニバナイチヤクソウ)や鈴蘭(スズラン)ももうすぐ咲きそうです。

 

その他写真は続きで〜

 

蝮草(マムシグサ)もニョッキニョキ

蕨(ワラビ)もニョキニョキ

石の周りをぐるっと囲むのは・・・

鈴蘭(スズラン)と碇草(イカリソウ)たちです!

なぜこのように石を囲んで群生したのでしょう・・・?

イカリソウは、ちょうど見頃です。雨のしずくもきれい。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL