散策路は桜満開です

お休み明けに出勤したら山桜が満開をむかえていました。

清水多嘉示作≪爽≫像。タイトルにぴったりの風景。

 

桜は今ちょうど見頃です。

ゴールデンウィーク中は綺麗かと思いますので、是非おでかけください。

美術館の桜はヤマザクラになります。葉と一緒に花が開きます。

日向ではイカリソウ(碇草)も咲いていました。

タチツボスミレ(立坪菫)は小さい花ですが、結構たくさんでています。

ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)です。

 

ほか桜の写真は続きで。

 

ただ今企画展は「根岸芳郎展 色彩浴の森へ」

を、6月24日(日)まで開催しています。(会期中無休)

 

 

5月5日(土)には会期中のイベントとして、
対談 早見堯(美術評論家)×根岸芳郎 

がございます。


時間は14:00〜15:30
入館料のみでお聞きいただけます。

 

 

桜の見頃が過ぎても、山野草たちのシーズンとなりますので、散策路もお楽しみください。

 

 

駐車場も桜満開です。≪伸び行く≫像の少女たちも嬉しそう。

マメザクラも小さな花をたくさんつけました。

 

オニゼンマイ↑     ↑クサボケ          ↑立坪菫

 

木々を見上げて花を見て、目線を落として山野草さがし、してみましょう。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL