織り機が無くても大丈夫!段ボールで編まれた作品たち

皆さん段ボールを使って織物が出来るって知っていますか?

 

2月25日(日)に美術館で「段ボール織りでウールと裂織のマットづくり」のワークショップが開催されました。

このワークショップずいぶん前から予約やお問い合わせの電話があり、あっという間に定員に達しました。

予約が取れなかったお客様本当にごめんなさい!

 

これが織機です。ガムテープで目張りをし、上から切り込みを入れたダンボールに

 

 

そこに経糸にウールの毛糸を、緯糸には裂き布またはウールの毛糸を使って

ぐるぐる…。

 

後は織機の要領で織り込んでいきます。綺麗な織り目です!

 

今回の講師は信州さきおりの会代表を務める野中ひろみさんです。

皆さんが織りやすいよう段ボール織り機を工夫して下さいました。

 

さて出来上がりは??

暖色系の優しい色使い!冬に暖かい彩を与えてくれそうです。

 

 

黒と赤の色使いがとてもクール!男性にも喜ばれるかも!?

 

夏にも活躍!?ブルーと赤でオールシーズン使えそうですね。

 

参加された方で多くの方が出来上がった作品を手にして「早く家に帰っておさらいしなきゃ!」とおしゃってくださいました。今回の織機は手軽に持ち運びができるのでどこでもチャレンジできますね!

 

講師である野中さんの作品アレンジです。とても素敵です!

皆さんは作品をどのように使ってくださるのかな…。

今回も多くの方にご参加いただきありがとうございました!

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL