これこそクールジャパンの原点!?ぐるぐる模様の土器たち

9月3日に八ヶ岳美術館、北杜市考古資料館、井戸尻考古館の三館共同企画展「ぐるぐる八ヶ岳縄文時代の渦巻き文様」の

バスツアーが開催されました。

土器を実際に手に取って調査している原村役場の文化財担当の方が説明してくださいます。

 

パソコンも便利な道具もない時代に人々はどうやってこのように美しいぐるぐる模様を

作り上げることができたのか。

5,500年前の縄文時代中期頃から多く見られるようになったぐるぐる模様はただの飾りなのか?

もしかして意味があるのか?

皆さん熱心に耳を傾け、渦巻き模様の謎とそこに込められた想いに思いを馳せていました。

 

ぐるぐる模様の謎で頭がぐるぐるになってしまったあなた!バスツアーに参加してみませんか?

あなたのはてなの答えが見つかるかも!

 

★3館一緒に楽しんじゃおう!「ぐるぐる八ヶ岳バスツアー」

【出発日・時間】

10月9日(月)北杜市考古資料館出発
11月12日(日)井戸尻考古館出発
   各回とも9:00出発、16:00解散予定

 

【内容】

八ヶ岳美術館・井戸尻考古館・北杜市考古資料館を巡るバスツアー

(出発地により、巡る順番が異なります)

 

【参加料】

無料(別途、各館で観覧料が必要)

 

【申込受付】

7月11日(火)〜

 


【申込・問い合わせ】

 北杜市郷土資料館
   Tel 0551-32-6498
   Fax 0551-32-6497


★スタンプラリー

 

【開催期間】

7月8日(土)〜11月26日(日)

 

【場所】

 八ヶ岳美術館・井戸尻考古館・北杜市考古資料館

 

【内容】

 3館を巡りスタンプを集めると、もれなく景品(オリジナル缶バッチまたは缶ストラップ)がもらえます。

 八ヶ岳美術館では6種類のデザインがあります!

 

【参加料】  各館の観覧料が必要

 

 

3館回って各館のオリジナル缶バッチまたは缶ストラップをゲットしましょう!!

 

ご参加お待ちしております。

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL