片田好美水彩画展好評開催中!アカハラも来館?

ただいま企画展「片田好美水彩画展 森と生きる」を好評開催中です。

夏休みということもあって、全国各地からお客様も訪れているもようです。

 

会場には約80点の野鳥を中心とした動植物の水彩画が展示されています。

作家の 片田好美さんが、実際に「この植物に、この鳥がとまってた」「この花が咲くころこの鳥がきた」と、

ありのままに見た情景が描かれています。

 

本日朝いちばんに玄関先にやってきたのはアカハラ。(右下)美術館散策路でよく出会う鳥です。

お腹のオレンジが特徴です。

ブロンズ像を見学して、警戒せずに私のいるほうへ近寄ってきました。カメラカメラ!

 

しばらく地面をつんつんして(お食事中でした)

館内が気になる?のかしばらくうろうろ歩いていました。

 

アカハラくん、あなたは館内には入れないけど、片田さんの描いた「アカハラとヤマブドウ」

という素敵な絵が館内には展示してありますよ!

 

企画展は10月1日まで開催です。

くわしくはこちら

 

 

追記:お昼に来館された片田さんもアカハラをみたとのこと。

写真をみていただいたところ、若鳥のよう。まだ危険察知能力が薄いのか、

警戒心が少なかったのではとのことです!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL