小川格絵画展ワークショップ「自由模様を描いてみよう」第1回が行われました

開催中の企画展 小川格絵画展より、イベント「自由に模様を描いてみよう」が行われました。

館内に展示されている彫刻、土器などからひとつ題材を選び、スケッチした後、本来の「表面」とは違った「模様」を自由にまとわせて絵画作品を制作しまよう、というものです。

右から3人目が小川さん。


詳しい様子は続きをどうぞ!
参加者は小川さんからスケッチのための鉛筆の持ち方や、線の引き方を教わり、それぞれ題材を選びます。

はじめに輪郭を描き、だんだん模様を描いていきます。

模様は自分の好きな模様でも良いし、土器に実際にある模様でも良いとのこと。

小川さんが参加者にアドバイスをしてくれます。
「描きかけのスケッチを、手元から離して実物と見比べてみて」「違う角度からも見てみて」「中心線を描いてバランスを取って」「線に強弱をつけよう」「陰になる所は濃く塗ろう」
などなど・・・!

仕上げに色を塗ります。
色も実際とは違う色を塗ってもOK
こちらの方は展示室の風景を選びました。

皆様時間が過ぎるのを忘れてるほど、集中していました。



完成した作品を見て、
「上手ですね」「いい色ですね」「楽しく描けていいね」と小川さん。

レクチャーありがとうございました!


このワークショップは、3月15日(土)にも開催されます。(要予約)
まだ空きがございますので、参加希望の方は0266-74-2701(八ヶ岳美術館)までお電話ください。
 
コメント

先日はお母様とご参加いただきありがとうございました。
展示室の感じを気に入って、素敵な絵を描いてくださり、小川さんもお喜びだと思いますよ。
コメントいただいたこと、小川さんにもお伝えしておきます☆

またぜひお出掛けくださいませ。

ライブは…
小川さんがボーカルとギター?をおつとめのようです!
私も楽しみです。

  • 八ヶ岳美術館です
  • 2014/03/04 13:57

日曜日は、思いがけず母も参加して
いっしょに有意義な時間を過ごすことが
できました。
小川先生、美術館のスタッフのみなさん、
ありがとうございました。
母は帰ってから、さっそく自分の絵を
壁に飾っていました(笑)。
わたしは収拾がつかない絵になって、
悲しかったです(苦笑)。
また、出かけたいと思います。
ぜひ、小川先生の企画展をお願いいたします!
ライブも楽しそうです…。

  • tamanohara
  • 2014/03/04 13:24
トラックバック
この記事のトラックバックURL