宇梶静江展好評開催中!

開催中の企画展「宇梶静江展 ー古布絵で描くアイヌの叙事詩ー」会場をご紹介します

展示室には、宇梶さんの詩集作品と、宇梶さんの収集したアンティーク衣装などがあります。

刺繍は、絵本の原画となっており、それぞれ作品の下には絵本の内容を読むことが出来ます。

全部で3つのお話を、最初から最後まで見ることが出来ます。
そのほかタペストリーなどの展示もあります。詳細は続きでご紹介します。
(展覧会についてはこちらの記事をごらんください)

一針一針丁寧に刺繍された、宇梶さんの古布絵
アイヌ刺繍の模様には、魔除けや、長く続く道などの意味があります。

先日の刺繍ワークショップや、歌と踊りのワークショップで、たくさん教えていただきました。

第二展示場手前では、大きなタペストリーが展示されています。

美しい刺繍とアイヌ神話の世界、ごゆっくりご堪能ください。

細かな刺繍を間近で見ることが出来ます。

寒くなってまいりましたが、積雪はまだもう少し先かと思われます。
皆様のお越しをお待ちしております。

会期は1月26日まで。会期中は年末年始休業を除き、無休です。
 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL