新企画展 「山の版画家 畦地梅太郎展」開催決定!

 八ヶ岳美術館より、新企画展のお知らせです。

「山の版画家 畦地梅太郎展」2013年4月4日(木)〜6月30日(日)



(クリックで大きくなります)


八ヶ岳美術館では4月4日より「山の版画家 畦地梅太郎(あぜちうめたろう)展」を開催いたします。「山の版画家」として知られる畦地梅太郎(1902-1999)は信州と深い縁のある版画家で、浅間山をはじめ北アルプス、八ヶ岳など多くの信州の山々が題材となっています。また50歳を過ぎてからは山に身を置く人間の心象や精神性を表現した独自の「山男」像が展開され、ユニークで人間味にあふれた表現は今でも多くの人々を魅了しています。

本展では、『山湖』『山の繪本』『信濃の山』など、信州の山々を題材にした版画集の作品を中心に、畦地が愛した山と人との姿をご紹介するとともに、素朴さあふれる初期木版画の秀作、家族を描いた作品、商用イラストなど貴重な資料もあわせてご紹介します。


イベントについては続きをクリックしてください。


どうぞお楽しみに☆


なお、4月1日〜3日は展示替えのため休館です。
 ●トークイベント「家族が語る、素顔の畦地梅太郎」6月1日(土)13:30〜
共に過ごした日々の思い出から人間・畦地梅太郎の魅力あるエピソードをうかがいます。
出演:畦地堅司氏(畦地梅太郎 令孫)   参加費:無料(入館料別途)

●ワークショップ「かんたん手彩色木版画で蔵書票づくり」
6月9日(日)、6月16日(日)両日とも13:00〜16:00(全2回)講師:下山力氏
_竺┐氾昭未板Δ蝓´∈りと手彩色の2回に分けて、版画家の下山力(つとむ)さんにご導いただきながら7cm×6.5cm大のオリジナルの蔵書票を制作します。
参加費:1,500円(2日間の材料費と入館料込み) 持ち物:彫刻刀、あれば絵の具
※要予約 (2回ともご参加いただける方のお申し込みをお願いします。)


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL