平林いずみ 諏訪大社奉納 絵馬原画展

開催期間 平成24年1月4日(水) 〜平成24年1月29日(日)

平林いずみ 諏訪大社奉納 絵馬原画展



平林いずみさんは原村出身の挿絵画家としてご活躍中です。
平成16年夏の八ヶ岳美術館での企画展をはじめ、これまで絵本の挿絵展や諏訪大社奉納イラスト原画特別展(干支)を開催して参りました。その作品は、大人から子供まで大変人気を集めています。
 今回は、昨年の「卯」の絵馬原画展に続き、平成24年の干支「辰」の絵馬原画が八ヶ岳美術館に登場します。これは、諏訪大社にて授与されている大小の絵馬の原画となります。
「戌」からはじまったこの原画展も今回で七回目。歴代の絵馬とあわせて、平林さんのほのぼのとした暖かくやさしい絵を、お楽しみください。 

会期中、入館者に先着で、平林さんのオリジナルカレンダーを配布しています。

ゲットしたい方は、年明けの八ヶ岳美術館へぜひお越しください。

平林さんプロフィールは続きをご覧ください。
平林 いずみ プロフィール
長野県原村出身。懐かしさや素朴さをテーマに、人物の表情や情景を生かしたノスタルジックな作風の絵画・イラストを制作。
地元では平成16年に八ヶ岳美術館で企画展を開催。諏訪大社 七五三千歳飴袋イラスト、干支絵馬デザイン等を手掛ける。原村では昨年『Gallery 泉の森』をオープン。99年講談社アートコンテスト児童図書出版賞受賞。イラスト掲載作品には、『うたいつぎたいどうよう(童謡)絵本』(講談社)、『ほたる先生と「とべないホタル」たち』、『愛された団地犬ダン』『のら犬ゲンの首輪をはずして!』(ハート出版)他、多数

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL