イベント ふしぎ列車をつくろう が行われました

 石田歩の図画工作展より、イベント ふしぎ列車をつくろう が行われました。


石田さんの作ってくださった台車に、参加者が各自もちよったガラクタを乗せて、オリジナル列車を作るものです。



参加者の子供たちは、石田さんよりレクチャーを受け、思い思いに列車を製作。
木切れやカン、ビンで車体をつくり、モールやスパンコール、フィギュアで飾りつけ。
好きな色を塗って、それぞれに作りました。

詳しい様子は続きをどうぞ
 
まずは企画展を見学し、展示品をみながら石田さんからレクチャーを受けます。

ひとりづつ台車をもらい、色々ガラクタをつけていきます。


男の子たちには、空き缶が人気の様子・・・!?
グルーガンとボンドで接着しています。
みんな目をきらきらさせています。

色を塗ります。みんな真剣!


塗ったら乾かして、それぞれ完成!


できたところでみんなの車をつなげます。いよいよ運命のときが!


じゃっじゃじゃ−−−−−−−−ん!!!!!



先頭をひっぱって列車を走らせています。慎重に彫刻をよけて・・・

なんて立派な列車!!
順番の取り合いになるほどみんなで何回も引っ張り、美術館内を走らせました。
自分の車が走っていくのをおいかけて・・・とっても楽しそう!!!

持ち帰るときは自分の分だけ引っ張れますョ。



最後は自分の車を持ってパチリ★


始終みんなの目がキラキラしていました。

素敵な夏の一日でしたね!
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL