裂織展はじまりました!

19日より、「第8回あなたが選ぶ信州の裂織展」を開催しています。


裂織(さきおり)とは、裂いた布を緯糸(よこいと)にして織った織物です。

古くなった着物などを裂いて、新たな布を織り上げます。

 

隔年で開催のこの公募展は、お客様の投票で大賞が決定するほか、

審査員審査で、審査員特別賞が決定します。

 

投票は11月15日まで、結果は、11月23日の授賞式とウェブサイトで発表されます。

 

初日には、オープニングイベントとして、ジャズの生演奏がありました。

イスをご用意してのコンサート形式ではありませんが、

展示室の作品を鑑賞しながら、音楽を楽しめる素敵な午後でした。

 

企画展会場には、タピストリーやバッグ、ドレス、コートなどがならび、

裂いた布でできているとは思えないような作品が並びます。

どれもみな作家が工夫をこらし、思いを込めて織ったものばかりです。

作者からのコメントを見ていると、「亡き父の着物を使って、思い出しながら織った」

「おうち時間の増えた子供が楽しめるように」など、作家の気持ちが伝わってきます。

 

 

訪れた皆さまは投票にも悩まれながら、鑑賞を楽しまれていました。

 

 

第2室では、織物の歴史や、原村の古い織物、原村で活躍する人々をご紹介しています。

そもそもは、厳しい生活を生き抜くための知恵である裂織。

擦り切れて着れなくなった服などをとっておいて、農閑期(主に冬)に、着るものや敷くものにするため、

女性が織っていました。

今はなんでも買える時代ですので、生活の為ではなく、好きに織る方が多いですが、

裂織文化の継承の為、活動をされている保存会や、施設もご紹介しています。

 

みなさまのお家に、汚れたり、穴があいて着れなくなった服、しまってあるだけの先祖の着物

などはありませんか?

それらを裂いて糸にして織って、自分のバッグやポーチなど使えるものにしてみませんか。

物も捨てずに、思い出も残ります。

 

「ものを大事にする心」を大切に、もう一度自分の身の回りのものを見つめなおしてみませんか。

 

 

なお、会期中は織物体験のイベントがあります。

 

詳細は続きでご確認ください。

 

裂織展チラシはこちら

 

 

続きを読む >>

裂織の公募展開催します!

八ヶ岳美術館では今秋、裂織(さきおり)の全国公募展「第8回 あなたが選ぶ信州の裂織展」を開催いたします。

(隔年開催の企画展です)

 

本展と他の公募展との大きな違いは、来場者のみなさんからの投票によって受賞作品が決まる点にあります。

また第4回からは新たに、芸術性・技術・伝統などの視点で審査する審査員特別賞を設けており、芸術的なもの、

日用品、といった枠にとらわれることなく、作品を公募しております。

 

展覧会は9月19日〜12月6日ですが、それに先立ちまして、7月1日より作品を募集いたします。

この度応募要綱が完成しましたので、ご案内いたします。

 

ご覧いただきまして、多くの方にご応募いただければ幸いに存じます。

 

要綱の郵送も致しますので、ご興味のあるかたはお気軽にお問い合せ下さい。(電話0266-74-2701)

 

多くの皆様のご応募お待ちしております。

 

 


 

『長野県宝指定記念展 縄文のアーティスト』開催

八ヶ岳美術館では、12月7日から3月22日まで、『長野県宝指定記念展 縄文のアーティスト』を開催します。

平成30年9月27日、原村から出土した土器18点が「信州の特色ある縄文土器」として長野県宝に指定されました。

これを記念して八ヶ岳美術館では、12月7日から3月22日まで、『長野県宝指定記念展 縄文のアーティスト』を

開催いたします。
 原村が位置する八ヶ岳山麓は、縄文時代前期の阿久遺跡をはじめとして、多くの集落が営まれた場所でした。

顔面・動物装飾を立体的に表現した土器や、造形的に優れた模様や装飾を持つ土器をこの場所に数多く残した縄文

人たちは、さながらアーティスト集団のようでもあります。今回の企画展では、県宝指定土器とあわせて、器面を

飾る文様の美しい南平遺跡の区画紋土器など、同じく縄文時代中期に制作され、文様と造形に秀でた縄文土器の展

示を行います。

 

この機会にぜひお出かけください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

イベント

 

★連続講座〜星降る里の縄文講座〜 各回とも参加費無料(入館料別途)
【第1回】1月26日(日)「土器造形と文様の世界観」
  講 師:小林公明氏(井戸尻考古館元館長)
【第2回】2月2日(日)「縄文土器への美のまなざし」
    講 師:鈴木希帆氏(漱石山房記念館学芸員)
【第3回】3月15日(日)「八ヶ岳山麓と諏訪湖周辺の縄文文化」
    講 師:三上徹也氏(大昔調査会理事)
        

 ※各回とも参加費無料(入館料別途)
  時間 13:30〜15:00
 

◆星降る里の縄文ツアー
 阿久収蔵庫見学ツアー
 八ヶ岳美術館(原村歴史民俗資料館)、原村埋蔵文化財収蔵庫、阿久の森などを見学。

 収蔵庫では、普段は展示していない土器なども特別公開。

 日 時:12月14日(土)9:30〜12:00
 定 員: 20名(予約優先)

◆ギャラリートーク 
 日 時:1月18日(土)13:30〜14:30
 講 師:佐々木潤氏(原村教育委員会文化財係)


 ※各回とも参加費無料(入館料別途)
         
●アートでたのしむ縄文 ワークショップ
▶本物の縄文土器から拓本をとってみよう〜文様コラージュのカレンダーづくり
        12月22日(日)/1月15日(水)13:30〜15:30 参加費:200円
▶縄目模様を再現しよう〜粘土でつくる縄文文様の壁飾り
        3月1日(日)13:30〜15:30   参加費 200円  
▶縄文土器をスケッチしてみよう〜縄文土器スケッチ会
         2月13日(木)/3月8日(日)10:30〜12:00   参加費 無料
▶石に描こう〜カラフルな縄文文様のペーパーウェイトづくり 
         2月13日(木)/3月8日(日)13:30〜15:30   参加費 無料
※各回とも要予約(入館料別途)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ご来館お待ちしております。

展示替え休館と、新企画展開催のお知らせ

八ヶ岳美術館は、本日まで「糸崎公朗のつくる写真展」を開催しています。

 

明日17日〜20日は、展示替えのために臨時休館し、21日(土)より、

新企画展『津田直写真展「湖の目と山の皿」』を開催します。

 

 

 

どうぞお楽しみに!

アーティストトークのお知らせ

八ケ岳美術館では現在「糸崎公朗のつくる写真展」を開催しています。

 

面白い建築などの写真を使って模型をつくる「フォトモ」、フォト ( プラス ) 模型、という3D写真を制作している糸崎公朗

今回は、「糸崎公朗、カメラのない写真家〜現代写真の最前線〜」と題して、アーティストトークを行います。

 

日時は、明日の7月7日(日)の13時〜14時30分まで。

入館料のみでご参加いただけますので、この機会にぜひお出かけください。

お問い合わせは八ヶ岳美術館74-2701まで。