オオヤマザクラが開花しました

いよいよオオヤマザクラが咲きました。

暖冬でしたが、4月あたりが雪が降ったりして寒く、ゴールデンウィークを

過ぎての開花となりました。

桜の木は何本からあり、まだこれから咲く木もあるので、しばらく楽しめそうです。

オオヤマザクラは花と葉が同時に出る木です。

やっとこの季節になり、嬉しいです。

お花見まだ今年していない方、間に合いますよ!

こちらはタチツボスミレ。まとまって咲いているところにであいました。

薄紫が美しいですね。

マメザクラが咲いた&キビタキがいました

散策路では、マメザクラが開花。

ヤマザクラはまだ先になりそうです。

 

豆桜、の名の通り、低木で、花も小さく、下を向いて咲くのが特徴です。

ミヤマウグイスカグラも見頃です。

今日はキビタキにも出会いました。

背中とのど元の黄色が鮮やかでした。

茶色いっぽいメスも一緒のようでした。

 

野鳥はシジュウカラ、エナガなどを見かけ、ウグイスの声も聞こえます。

 

足元にはスミレやクサボケ、オニゼンマイも出てきています。

外の散策も楽しい季節、ぜひお出かけください。

 

 

ダンコウバイが見頃です。

4月10日までは雪も降りましたが、さすがに暖かくなり、

散策路ではダンコウバイが今年も見ごろをむかえています。

諏訪湖周辺はサクラが満開ですが、標高1350メートルにある八ヶ岳美術館

散策路では、山桜ということもあり、開花はまだ先です。

ダンコウバイは黄緑色の小さな花がたくさん集まっていて、青空によく映えます。

お出かけの際は、春ならではの景色もお楽しみください。

 

 

今日の散策路

昨日、今年初めてのエゾハルゼミの声をききました。

今日も山野草等を紹介します。(クリックで大きくなります)

サラサドウダンです。釣鐘型がかわいいです。

背景は清水多嘉示作の「爽」

背景の緑もあって、ぴったりの雰囲気です。

紅花一薬草です。緑の中でピンクのグラデが美しいですね。

こちらは稚児ユリ。1センチくらいの花です。

小さくてかわいらしいことから、この名前です。

舞鶴草もたくさん。こちらも花のかたまり全体で1センチくらいの小ささ。

鶴が舞うような花の形です。

甘野老(アマドコロ)も。品があるたたずまいです。

 

朝はカッコウの声をはじめ、野鳥たちのおししゃべりがにぎやか。

ぜひおでかけください。

 

なお、今週末は明日26日にジャズコンサート(詳細こちら)と、27日に建築ガイドツアー(詳細こちら

を開催しますので、この機会にぜひお越しください。

 

 

山桜が終わっても・・・さくらが見られます

タイトル通り、山桜のシーズンはすぎましたが、美術館の散策路では

まだまだ「サクラ」の季節です。先日の上溝桜のほか、見頃をむかえているのは・・・

サクラソウです。濃いピンクが目立ちます。

いつも同じところに群生しています。

深山桜も満開です。おしべが長くて、ふわふわしてみえます。

花は真っ白。

こちら(サクラの名前はつきませんが)ズミ(小梨)もたくさん花をつけています。

 

気温もあがってきましたので、外の散歩もおすすめです。