武蔵野美術大学 清水多嘉示資料展開催のお知らせ

武蔵野美術大学では、5月20日〜6月16日まで、

 

 武蔵野美術大学90周年記念
「清水多嘉示資料展−石膏原型の全てと戦後資料(第郡)」

を開催しています。

 

 

清水多嘉示の石膏原型や彫刻、貴重な資料が多数公開されています。

 

この機会にぜひご覧ください。

 

詳細はこちら

5月12日アーティストトークのお知らせ。

現在好評開催中の企画展「間島秀徳 アース・ダイビング−Earth Diving−」より、

イベントのお知らせです。

5月12日(日) 13:30〜15:00

アーティストトーク 間島秀徳「自作を語る」 


入館料のみでお聴きいただけます。

作家のお話をお聞きいただける、会期中最後のイベントとなっております。

展覧会は6月30日まで開催しております。

ぜひお出かけください。

展示替え休館のお知らせと、新企画展開催のお知らせ

八ヶ岳美術館では、

 

3月31日(日)まで、「山本俊男 ペザントアートの世界」を開催し、

 

4月1日(月)〜5日(金)までは、展示替えによる臨時休館となります。

 

次回企画展は、

 

4月6日(土)〜6月30日(日)まで、

「間島秀徳 アース・ダイビング−Earth Diving−」を開催します。

お楽しみに。

 

「8の字スプーンをつくろう」が行われました。

3月9日に、現在開催中の「山本俊男 ペザントアートの世界」のワークショップ「8の字スプーンをつくろう」が行われました。

 

山本先生に用意していただいた荒削りのスプーンを、自分のオリジナルになるように削っていきます。

素材は桐の木。

 

黙々と彫りの作業を進める参加者の皆さん。

 

山本先生が参加者の方ひとりひとりにアドバイスをしていきます。

 

参加者の皆さんが彫られたスプーンは、山本先生の工房に持ち帰られ仕上げをしていただくことになりました。

できあがりが楽しみですね!

 

 

 

ブロンズ除幕式が行われました

今年も八ヶ岳美術館屋外の、学童彫刻の森に、新しいブロンズが建ちました。

 

原中学校3年生の卒業制作として、開館(昭和55年)当初から続けられて

伝統行事で、今年で39体目。

3年生全員と、村長をはじめとした来賓の皆さまががそろい、

学習発表を館内で行ったあと、

外で除幕式。

ブロンズ委員会を中心にすすめてきた像が、ついに披露されます!

 

タイトルは「扉」

扉にみたてた本のページから、上を向いて立ち上がる花が印象的です。

 

3年生のみなさんも、今後ずっと上を目指して、花開いていけるよう、

お祈りしています。

 

良いことがあったとき、何かに行き詰ったときや、思い出を語るとき、

将来家族が増えた時など、ぜひこのブロンズのもとに訪れてくださいね!

 

ご卒業おめでとうございます!